● おいしいもの

バッタ。

おばあちゃんちから枝豆をいただいた。
とりたての枝豆。
ゆでて食べる。
ただそれだけだけど、
とってもおいしい。
母方のおばあちゃんちは農家で、
忙しくて、自ら食べる野菜はほぼほっとかれている。
野菜自体の生命力で、大地から水をもらい、
太陽から光をいただき、
時には虫に喰われながら、
育つ。
他の地面とちがって、おもいきり固いところで
ほっぽかれてそだった豆。
でも、とっても甘かった。
苦しい環境でも、生きていたもののチカラかな。
食べるときに、虫がいるか?
みながらひとつひとつ食べる。
けど。おいしい。
自然まかせに育ったている
ものは自然の循環の中にいて。
虫たちもたくさんいる。
アブラムシもいて、テントウムシもいる。。
みたいな、循環の和がそのままある。
写真は藍の畑から。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です