今日は少し涼しいかな。

市民農園で、先生っていう愛称のおじさんがいる。
実際、農業関係のお仕事をされており、
講演などもされていること、
そして、長身で、なんとなく存在感があること、
面倒見がいいこと、
たぶん、それがその愛称の理由だと思っていた。
今朝、早く市民農園をとおりかかると、
先生がいらした。
市民農園の農地ではないところ。
誰のモノでもないところ。
イヤ、みんなのもの。
そこの草むしりを
人知れず、されていた。
なんだか心があらわれる気持ち。
そんな部分がみなから慕われている理由なのでしょうね。
私も少しだけ、草むしり。
草むしりをしていたら、
かまきりとか。
小さな虫たちがごそごそしていて、
なんだか、彼らと同じ視線になったようで、
うれしかった。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です