● 福祉機器展

ふうせんかずら

国際展示場で開催されている福祉機器展に行ってきました。
会場は広くて、たくさんの方が来られていて、
とっても、注目されているんだなと思いました。
移動用のリフトなど、介護の器具の体験をしてみました。
実際にのってみると、不安感があることや、
使い方によっては、
人間なのに、モノみたいと思ってしまう部分
がありました。
器具って福祉機器にかかわらず、
人の手の愛情がないと、
とても冷たいものにもなるし、
声をかけ、手をそえることで、
やさしいものにもなる。
そうかんじました。
おもしろいなと思ったのは、
桧でつくった介護用の浴槽です。
木なので、
乗り移りの回転台も
はずしてしまえば、(組んであるだけなので)
ふつうのお風呂としてつかえるし、
移乗台なども、
新しく、つくって付け足すことができる。
また、楽しみにもなりますね。
(お掃除は大変かな?)
自由度が高いという点で、
木というのは生活にあわせて
替えやすいという利点がある。
福祉機器展の中でいいにおいのするコーナーでした。
素とつくりてたちの項目のかわら、から瓦展のようすをUPしています。
よかったら、読んでくださいね。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です