● 自然は完璧じゃない

小舞につかわれる竹

美しいかべをつくられる
湯田さんが繰り返し言っていた言葉。
自然は完璧でない
それぞれに性質もちがうし
急激な冷暖房に、
ひび割れもする。
時間もかかる。
あたりまえだけど
完璧じゃないということを
ふまえて、
これがいいという選択をする。
大切なことですね。
いいところも、わるいところもある。
人間だって同じ。
それでも、石油製品にはない、
なんともいえないやさしさがある。
完璧にみえる石油製品だって、
触ったときに冷たいとか、
欠点をもっている。
盲目にいいというのではなく、
いいところ、わるいところがあることを
感じた上で、よいと思うことを選べたらと思う。
現代の名工でもある
左官の湯田さんの謙虚なことばが身にしみました。
ありがとうございました。
写真は小舞につかわれる竹です。
いろいろある。
竹ひとつだって。
木の建築塾 左官のお話を素とつくりてたちのかべの項目にUPしました。
興味のある方は読んでくださいね。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です