● 旬

例えば、木だったら秋分から、春分の間に伐ったほうがいいとか聞く。
大工さんは、冬の寒い時、
左官は春になってからがいいんだよって
おっしゃていた。
大工さんが、冬の乾燥した時期に、
造作すれば、木が乾燥しているので、伸縮してできる隙が少ない。
左官屋さんは、寒くて雪が降るような時では、
水相手の仕事なので、乾燥がむずかしく、うまくいかないことがある。
瓦屋さんのところに行った時も、
雪の後の、
寒い中、暖房ははいってなかった。
急激な乾燥は土に悪いと。。
冷暖房が発達して、
季節を考えなくなってきたけど、
昔は、きっと当たり前のことだったのでしょうね。
だからといって、無理に部屋をあたためるのは
余計だめで、自然な環境で、ゆっくり乾いていくのがいい
壁も木も生きているものなんですよね。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です