● 鬼瓦教室2

富岡さんの鬼瓦教室に行ってきました。
その時のレポ、時間がたってしまいましたが
3回にわけて、つくりました。
その工程のつづきです
④両脇の部分を削ります。(このあたりから夢中になって、
 写真をとるのを忘れてしまいました!)
 うまくヘラをつかえなくて、凸凹してしまいました。
 先生のをみたらシャ-プにすると格好がいいです。
 そして、その後、顔部分をつけていきます。顔は台みたいな土の板を曲げて
 つけます。
 瓦にはのはつかいません。
 後をつけて、水をぬらし、土をつけていくのです。
⑤ 顔をつけた後、まゆげや、目をつけ、口をほっていきます。
  ウルトラマンみたいになってしまいました。
  眉毛の下には目があるとか、耳があるとか意識していなかったために、
  後から入れる場所がなかったり、大変でした!
  人の顔に興味を持ちました。
⑥ いろいろくっつけたりほったり!!していきます。
  (説明はむずかしいです。ぜひ、体験してください。
  4回目だとか、もっとだとか、リピ-タ-の方が多くてびっくりでした。)
 両脇の丸いものを型でぬいていきます。
 こういうことも砂場遊びみたいで(すみません)とっても楽しいです。
つづきます

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です