● 達磨釜 釜焚き準備2

達磨釜の本焚きに備えて、
夜まで火が持つように、土でふたをして、空気量を調整します。
そのときの土は、瓦を砕いたものと土をまぜたものを
土の入れ物。。名前忘れてしまいました。すみません。。
(繰り返すうちに、自然にできてきたものなのでしょうか?)で練っています。
この部分は、昔は地面と同じ高さだったそうですが、
今はこんなに高い位置になってしまったそうです。
釜に鉄板のフタをして、間を土で埋めていきます。
でも全部ではなく、空気穴を残して、火加減を調整します。
4方向、調整していきます。
これで、準備段階は終了です。
今は、火も、
このくらいだとまだ熱いけれど、釜口まで近寄れます。
小さいころのキャンプファイヤーの焚き火のような
なつかしいかんじがします。
それにしても、火って癒されますね。
忙しく薪をくべる五十嵐さんのお手伝いもせず(ごめんなさい。)
ただずっとみていました。
実は、今まで、瓦は焼くものだと思っていたのですが、
焚くものだということがわかりました。
釜焚きって五十嵐さんは、
おしゃっていましたが、
実際みて、そうかんじました。
瓦を火にいれて焼くというより、
瓦の廻りの広い部分を燃やして、
焚き上げていく。
炭焼きだとか、
ご飯を焚くというほうに近いかもしれませんね。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です