● 根っこは東と南

workの中の北本の杜のページに
書かせていただいた内容と重複しますが
お伝えしたかったので、こちらにも書きました。
木は・・生えているときと同じ状態でつかうと
長持ちをすると言われています。
・・実際に人間にたとえても、
生まれ育った環境と、同じような環境がすごしやすいのは、
想像できますね。
移動することのできない、木ならば、50年も、100年も育って
きた環境の中でより生きやすくしていくのがあたりまえでしょうから、
それと同じ環境でいることがひび割れもすくなく、
強い強度を保てる。。昔から伝わっていることですが
棟梁のOさんは信じているとおしゃっていました。
私もそう信じています。
北本の杜の木は、
育った環境と同じ方向をむいて、
つかわれているそうなんです。
根っこが東か南に向くように。。
そして木の根っこがどっちむきかだなんかだって、
こころある人、
技術のある人でしか分からないようなことまで
気持ちをいれてつくってくださっている
大工さんたちに感謝です。
このお話をしたらみなびっくりしていました。
そういう見えない部分の心意気がきっと
カタチに現れるのでしょうね。
木組みのきれいなおうちなので、
ご覧になりたい方は(建築関係の方も含めて)
ご連絡ください。
今のこの状態をみてほしいなぁと
思います。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です