● 真鍮には苦い思い出が

真鍮には苦い思い出がある。
真鍮のドアノブが汚いから綺麗にしてくれと言われ。
問い合わせをしたところ、
まともに相手にしていただけなくて、
市販品のもので探してみたらと言われ、
しょうがないので、真鍮の板を買ってきて、
実験的に、少しずつ、磨いてみたという経緯がある。
どういうことかというと、
真鍮は、もともとは金色。
自然素材の中で浮いてしまうようなピカピカの色で。
経年変化によって、当初のピカピカでなく、
とってもいい色になっていく。
私は、経年変化した色が好きなのですが、
木などと一緒で、
それをよしとするか、きらいとするかは、人によるときがある。
今から思えば、経年変化した色はよいけれど、
水廻りで、経年変化の仕方が汚いので、綺麗にしてくれ!ということだったと思うのですが。
その意味が分からないで、
真鍮の経年変化を美として、大切にしているところに
それを汚いといわれたことを伝えて、問い合わせてしまったので、
教えていただけなかったんだろうな。。
と思う。
私自身の知識がなく、相手の立場がわからなかったことが
理由だったんだなぁと。
後からわかることってある。
先日、教えていただけなかったお店に行ったとき、
メンテナンス用品も売っていたので、聞いてみたのです。
真鍮の経年変化が大好きなんですけれどと前置きした後、
メンテナンス用品が売っていることについて。。
指輪などで、傷をつけてしまって、
経年変化がよくないと思ったとき、
一度、新品のピカピカした金色の状態に戻して、
再び、経年変化を楽しめるんですよ。。
とのこと。
真鍮も、また面白い素材ですね。
真鍮の仕上げでも、
素の金色のままのもの。
金色のまま、経年変化を遅らせるためにワックスをかけたもの。
当初のピカピカが嫌だという方のために、色付けしたもの(こちらも時間と共に色が変わります。。)
などいろいろありました。
お施主さんに、経年変化した色あいをつたえられるといいなぁと思い
ちっちゃいものをひとつ、購入してきました。
ワックス仕上げをしたものは経年変化に2~3年かかるそうですが、
仕上げをしていないものは、半年から、1年くらいで変化していくそうです。
楽しみですね。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です