● キッチン

またまた、友人の紹介で、
キッチンをつくられているかたからお話をお聞きしました。(ありがとう)
実務に役立ちそうおなことを少し。
レンジフードまでの距離について。
ガスの五徳からフィルターまでの距離が800なんだそうです。
今までフードの下までと思っていたので、勘違いがとけてよかった!です。
IHについては、600という話もあるそうですが、まだ決まっていないそうです。
浄水器のおすすめは、
専用の水栓のタイプのもので、カートリッジの交換がしやすく、寿命が1年くらいはあるもの。
蛇口につけるタイプは2週間くらいで機能が低下してしまうそうです。
浄水器のカートリッジはお湯がだめなものが多くて、混合していると
35度以上で使用すると不純物が溶けてしまうことがあるそうです。
台所につける給気口・・いつもつける場所を悩ますものですが
おすすめは冷蔵庫の裏の下のほう。ガス台から距離があり、冷蔵庫の放熱スペースがあるため、
空間があり、あたためられて上昇するため、部屋を冷やさないそうです。
つかいやすいシンクの大きさは巾800くらい。
キッチンの奥行きは、はじめは550くらいだったそうで、その頃は水栓を壁付けにしていたそうです。
Iランドキッチンで反対側への水ハネを防ぐ場合は200は奥のスペースを確保したほうがよいそうです。
水ハネをしないためには、排水口のところに水が落ちるのがよく、
そのため、キッチンの水栓は、大体の長さが決まっているそうですね。
また泡末キャップ付のもの、蛇口の先に集水する機能のついているものは、水ハネしにくいそうです。
蛇口の先がのびて、掃除をしやすいタイプのものは、カウンターの下に水漏れしやすいとのこと。
実際に、建築関係者の方からも水漏れしたという声もありました。
食洗器の位置は、右利きの場合は、シンクの右が使いやすく、
乾燥機の場合は、(スポンジを使って洗うので、)右利きの人でも、
シンクの左のほうが使いやすいこともあるそうです。
一緒にお話を聞かれていた、コーディネーターさんからは、
ヘルシオタイプの電子レンジの場合、奥行き450の食器棚におけないという声もありました。
勉強になりました!

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です