ほんの短い時間だったのに、
先日の体験のことが頭から離れない。
いいものをみなさいって本当ですね。
ガラスの戸は上下逆さに持ってはダメだよ。
と教えていただいた。
それは、ガラスが落ちてしまうから。
でも、ここの建具は違いました。
ガラス戸の上框部分にこんな細工がされていました。
ガラス戸を逆さにしても落ちないような仕掛けです。
見えない部分にこの心配り、さすがですね。
この建物は、若き日の中村外二さんの施工のものなのです。
大工さんや、設計者ならご存知の棟梁さんですね。。
こういう心配りがすべての部分にされていて、
なんだか、いいものをつりたいって心が洗われる思いです。
いいものって伝わるものだと実感しました。
私の現場のほうですが、
金曜日に、役所からお電話があり、風致地区の申請のほうは問題ないと思いますとのこと。
確認の事前審査連絡はまだですが、ほっとしました。
現場、はじまるのが楽しみですね。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です