吉村順三記念ギャラリーで、
スケッチ展が行われております。
吉村さんのスケッチはとっても上手なのですが、
何よりも
みているとあたたかくなる風景でした。
たとえば、家のスケッチの前には、
家の中の人とともに、
通りを行く人の姿がかかれていたり、
何気ない風景の中に、
思い切りはしっていく、犬の姿があったり、
とてもあたたかい視線で、
周りにあるものをとらえられていたんだなぁと
思います。
人と自然と緑と海とそんなものがある風景っていいですね。
そして家だけでなく、通りがかりの人もほっとするような
場所として住まいを考えられていたのだなぁと思いました。
そうそう、雑誌などでお見かけしていた
建築家の田中さんもいらしていました。
著名な方でも、こうして時間をつくられて、勉強をつづけられている
だからいいものをつくりつづけていられるのでしょうね。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です