読んでいた本に(著者は男性でした。。)
家を建てるまえから、料理をつくることは楽しかったけれど
家を建てて、使い勝手のよいキッチンで、
片付けも楽しくなった。
無垢の床をたまに年末に掃除をすると、きれいになるだけでうれしく思い、
家族がまた多少なりと喜んでくれると思うとうれしい。。
そうか、家事は楽しいのか。だから彼らは住宅を設計しているのか!という文がありました。
そういえば私も、家仕事が嫌いじゃないです。
お料理をしたり、お掃除をしたり(でも、整理整頓は苦手です・・苦笑)。
無垢の木だったり、ほっておいても経年変化として、味あるものとして存在し、
手入れをすると、きれいになって、気持ちよくなるものをいじるのも
楽しいなぁと思います。
(プラスチック系は拭くと余計すじっぽく汚くなってしまって。。楽しさがないですよね。。)
こういう毎日のちょっとしたことが楽しいとうれしいですね。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です