少し前に、あさりのお話、TVでやっていました。
あさりは開かないものは死んでいるもの。。
というのは、間違いだったとのこと!
死んでいるものと生きているものの見分け方は、
半開きになるかどうか。。
生きているものは、熱湯で気絶して、半開きになり、
そのあと貝柱の接着が切れて、開くそう。
死んでいるものは、半開きの状態がないまま、
一気に開くそうです。
ずっと信じていた一人なので、びっくりでした。
そんなあさりのお味噌汁をおいしくつくる方法もやっていました。
煮すぎないようにする工夫でした。
(すごく簡単に書くと、水から、水を半分くらいにして、煮て、火をとめて、湯をいれ、蒸して、先に取り出すのです。)
おいしい時期にトライしてみなければ
と思いつくってみたら、
あさりの身はふっくらできました。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です