楓通りの家も木工事の最終段階にはいってきました。
造作から、ここの棟梁となったHさんは、20代と若い方なのですが、
本当に一生懸命、
誰よりも、この家のことをわかっているんじゃないかと思うほど、
心を配り、大切に、大切に。丁寧につくってくださっています。
手加工のできる職人さんが少なくなっていく中、うれしいことですね。
ありがとうございます。
写真は、床を貼るために、丸柱の下を加工してくださっているところ。
こうすることによって、木の伸縮に対応しています。
工事の様子は、workにupしております。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です