久しぶりに、埼玉で木の家づくりをしている設計事務所の方の
勉強会に参加しました。
この日は、瓦探索のレポートで、
写真をみせていただきました。
発表されていた方がおしゃっていたのですが
普段何気なくつかっているものの
つくられ方を実際にみてかんじると
素材のもつチカラを改めてかんじる。。と。
お話にもチカラがあったのでしょうか、伝わってきました。
普段接しているもの。
建築の素材でなくても、野菜であったり服であったり、
家電であったり、どんなものでもいいのですが、
どんなふうにつくられているかを
知ることって、
大切なことだと思うのです。
そのことによって、大切にしたいとか
いろいろな、思いが生まれたら、
きっとその人自身の暮らしも変わるではないかな。
今回レポートのあった瓦は、重いものですから、
地場の土で、地場で焼かれてつくられてきたもの。。
だから、子供たちも大人たちも、つくられかたを
知りながら育ってきたものだったのでしょうね。
インターネットなどが発達して、
調べればすぐ分かるようにかんじて、
近くなったようでいて、
実際に体験する、という機会が少なくなってしまって、
受け取り手の感覚によっては、
遠くもなってしまっようにも思えたりしました。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です