パン教室で、シュトレンを焼きました。
ドイツのパンで、キリストの誕生のときの布の形から名前がついたのだとか。
そして、クリスマスまで、少しずつ、楽しみながら食べていくパンだそうです。
大切な日にむけて、少しづつ、ってなんだか素敵ですね。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です