先日、電車にのっていたときのことです。
3世代で電車に乗られている方がいらして、
おばあちゃんらしき方がお孫さんに、
子供は、丈夫になるように立ってなさいと。伝えているのを見かけました。
席が空いたときも、
年上の方にゆずりなさいと。
混んでいる電車だと立っているのは大変かもしれないですが、
今、元気な子でも、小さい子は大事大事という風習があって、
こちらからみたらお年寄りの方が座られて、子供が立っているほうが
自然な年齢なんじゃないかなぁと思う場面もよくみかけるので、
長い目でみたら、よい経験になるだろうし、
愛情のある言葉というのが伝わってきましたし、
なんだかほっとしました。
というのも、日本家屋をカフェとしているお店が
あるのですが、最近まで、お子様もOKだったし、
親子でも心よく迎えてくれるお店として、小さい子供がいらっしゃる
友人にも評判のいいところだったのですが、
子供たちに荒らされてしまい、
乳児をのぞく、小さい子はNGになってしまったそうです。
愛情をかけて大切にしてきた建物だから大切にしなさいって
子供たちにお母さんが伝えられない・・そんなことが
子供たちに、日本家屋ですごす経験をする機会をまたひとつ
失わせてしまったのかなぁ。。
と思ったのです。
そして、
私の母も、
子供は元気になるように、立ってなさいという人だったので、
なつかしかったです。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です