吉村順三さんのスライドをたっぷりと見る機会がありました。
どれもやさしい雰囲気でした。
たまり 重心 プロポーション(どちらかというとバランスという意味) 居心地 そんな言葉を繰り返されていたそうです。
普通の人がみて素直にいい
はじめに人間の生活があり、心のゆたかさを得られるもの。
そんな言葉も残されていたようですね。
派手ではないけれど、
そこには、吉村さんの世界があって、
スライドを見終わったあと、
他の方の展示をみたら、重たくて
ごちゃごちゃしていて、自分の中に入ってこないかんじがしたので
(その展示は決して前衛的ではなく、どちらかというと温もり系)、
それだけ、シンプルで、自然にはいってくる
そんな空間なのかななんて思ったりしました。
外では、陽だまりの中白梅が咲いていました。(カメラを持っていなかったので、その写真はすみません。。)

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です