イサムノグチさんのことを書かれた記事を読みました。
その中の言葉を少し。
あかりは、その人の権威の象徴ではなく、貧富にかかわらず感性の証であり、暮らしに質を与え、いかなる世界も光で満たすものです。
蛍光灯は、人の心を温かくしません。
よい明かりは人と人を近かづける。世界の中の人が明かりを通して親密になる。
灯りの大切な役割。他のことでも
みえないけれど大切なことがありそうですね。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です