軽井沢に行ったときタリアセンのペイネ美術館に行きました。
建築家のレーモンドの夏の家&アトリエとして建てられましたが、
移築されて、
普段は、ペイネ美術館として、雨戸が締められ、お人形などが飾られているのですが、
25周年記念として、11/27日まで、建築をかんじられるように、
展示を無くし、雨戸をあけた状態で公開されています。
それがすごくよかったのです。
内部の写真は公開禁止ですが(個人使用で撮ることはできます。)
光がはいり、素朴な材でできた空間が
本当に気持ちよくて、
素敵でした。
おすすめです。
雨戸が閉められて、お人形の展示があるときはそんなにいいと思わなかったのですが、
大好きな建物の上位になってしまいました。
写真が外観ですが、
窓が開いていると、
外からみてもまたいいですね。(外壁の色は塗り替えられています)
お時間のある方はぜひ!

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です