地震のあと、瓦の屋根の棟部分が、壊れてしまったお家を
みかけました。
その修理をしていく中で、
どうして、そうなたっかという答えがみえてきたようです。
昔ながらの土のみでとめている瓦で被害が大きく、
最近のステンレス等を使用している場合は、被害はほとんどなかったそうです。
瓦の歴史は、地震等のたびに、葺き方も改良されていったそうですね。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です