先日、村野藤吾さん設計の東光庵(当時の施工は水澤工務店)に行きました。
お茶をたてていただいて、
その後、ゆっくりお茶室や水屋を拝見させていただきました。
端正な空間。東京の空気と別世界でした。
障子の桟は4mm、引手の掘り込み部分の底には、
胡麻竹がつかわれてあったり細部までこだわられていました。
村野藤吾さん、つばきが好きだったそうです。
(写真の椿は大きいものでお茶室につかわれるようなものと違いますが、
道を覆うように落ちていて、これはこれできれいでした!)
お茶が1500円でいただけます。
http://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/banquet_plan/333

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です