この間、1年点検の直しで、楓通りの家に行ってきました。
木と左官の補修です。
漆喰仕上げでなく、下地仕上げなので、
漆喰よりヒビがはいりやすいのですが、
大きな地震があったわりに少ないように思いました。
とても丁寧に、お箸よりも細いコテで直してくださいました。
大工さんのほうは、栗とタモの組み合わさった部分の
隙間を埋木してくださりました。
このあたりは、あばれやすい木同士、
設計時に気をつけたいと思っています。
私は何もできることもなく、
お施主さんとお話をしていたのですが、
この家に住んで裸足で生活するようになったこととか、
今年の冬もこの家は寒くなかったとか(床暖房と木でできているからかな?と)
お子さんに、木のお家だから大切にしようねってお話していることだとか
お聞きしてうれしくなりました。
杉はカバ桜より傷つきやすいけれど、
足触りは杉のほうがよいっておっしゃていました。
帰りに外からみましたら緑が大きくなって、
町並みに馴染んですごく素敵になっていました。
うれしかったです。&ありがとうございます。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です