辰巳芳子さんのドキュメンタリー映画
天のしずくをみました。
いのちのスープの中の何かを
ずっと前につくったことがありますが、
本当に手間もかかるのですよね。
つくっている様子も写っていたのですが、
大切に大切に向き合っているそんなかんじをうけました。
丁寧につくられたスープをいただいている人の
表情がよかったです。
心をこめてつくったものをいただいた方が
自分が大切な存在だと肯定していただいている
そんな思いを受ける・・緩和ケアの場面でそんなニュアンスの
言葉がでましたが、
住まいもきっと、
丁寧につくっていただいた家に住まうことで
あたたかい気持ちになってくださったらいいなぁと思います。
http://tennoshizuku.com/

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です