● とたんギャラリ-

落ち葉はあったかい。

前川さんが設計に絡んでいる
阿佐ヶ谷住宅が取り壊されるというので
公開されているトタンギャラリ-を(24日が最後のチャンスです。)
みてきました。
http://www.totan-gallery.com/
写真をとってもよいですよ!って
おっしゃっていただいたのに、
おしゃべりしていたら忘れてしまいました。
公団の建物(テラスハウスです)として建てられたものですが、
家ごとによって、
それぞれがそれぞれの住まい方によって、
育っていって違う形になっていきつつ、
基が同じだから、町並みが揃っている。
おもしろいなぁと思いました。
トタンギャラリ-は、
後から増築された、
ほっこり日のあたる土間みたいな縁側があって、
それでもなお、
建築当時の階段や、
低さと高さの気持ちのよいバランス感が残っていて、
完成したときが一番いいというものでなく、
住まいは育っていく、
人間が住まうところだよ言っているみたいでした。
そして、なんだかほっとする町でした。
あの時代(50年前)の建物って愛情がある気がしますね。
つくりての愛情を住まい手が受け継いで育てている。
例えば、雨漏りの対処法等もにこにこと教えてくださって、
雨漏り=嫌なものではなく、雨漏り=大好きなお家の一部というふうに
かんじました。
住まいに大切なものかんじました。
なくなってしまうのは寂しい建物ですね。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です