● 尻ばさみ

大工さんの刻みをしているところを見に行ってきました。
写真のもの尻はさみというそうです。
はじめてみました。
金輪継ぎとの違いを説明してくださったのですが、
金輪継ぎが頭にはいっていなかったので、
これから本をみて勉強しよう!と思っています。
日本の木造って本当にたくさんのいろいろな継手、仕口があり、
そして、この複雑なものが見えなくなってしまうんだなぁと思うと不思議です。
機械ではできないものですよね。
そうそう、この状態のままでもすごくきれいでした。
つくってくださっている大工さんの凛とした表情と
木の匂い、
木のカタチ。
みるとまた感動してしまいますね。
こういう技術やこころがどうぞつづいていってくれればと思います。
ありがとうございました。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です