● 木のおうち

先日、竣工して、1年と少し経った、木のおうちにお伺いした。
引戸の引手桟のところに、ヒビがはいってしまったのです。
タモの木を留めてあるところにすっと。木目と、釘とあたりが
ちょうど、あってしまったみたいで、年輪にそうように。。
後日、その部分を、造ってきて、交換することになった。
引戸全体を持ち帰るようになるのかなぁと思っていたけれど、
部分で交換できそうで、ほっとしました。
工務店さんが見てくださっている間、
お茶をいただいていたら、
お施主さんがみせてくださったもの。。
湿度計でした。
うちは、小さい子供が居るので、湿度計があるんですけど。
快湿なんです。。
1年とちょっとくらしてみて、
前のうちではこんなことなかったのですけれど、
いつも、快湿の間なんですよ!とのこと。
洗濯ものも、梅雨空つづきの日で、
ご近所の方やママ友達の方が乾かないって言ってるけど、
うちは、室内干しにしていて、一日で、乾かない日はないんですよ!と
にっこりしてくださった。。
クーラーも(前の家ではあたりまえのように、毎日つけていたのに)
昨夏は、3,4回しかつかっていないんです!とのこと。
気になっていたお手入れのことをお聞きした。
洗面カウンターに、木の天板、そして、かわいいタイルがつかってある場所があるのです。
さっと拭くようにしていたら、タイルも天板も大丈夫でした!とにっこりされていました。
木のカウンターもタイルも、大好きだけれどもお手入れが不安ということで、
たくさん、たくさん迷われて、選択していただいたので、
気になっている場所でしたがそのお話をお聞きしてうれしくなりました。
この家、子供たちに人気で、
この間は11人の子供たちが遊びに来て走り回っていたんですよ!
とうれしいお話も!
木のおうちには、竣工したばかりにはなかった、生活していくもの、
たくさんのお施主さんの大好きなものがあふれていて、
暮らしていただいているようすが伝わってきて、
とってもうれしかったです。
メンテナンスでお伺いしたのですが
なんだかあたたかいものをたくさんいただいて帰ってきました。
いろいろなものに、
いいところもわるいところもあって、
木のおうちだからおこることもある。。(引手の無垢の木にヒビが入るなど!)
でも、先日、発見した木のおうちのいいところは、直せるということ
もあるんだなぁと思いました。
既製品のものでつくったものは、壊れたときに、
部品が廃盤になってしまうことがあって、
リフォームなどで、おなじようなものがなく、
直してもそこだけ浮いてしまったり、
全体を直さなければいけないことがよくあるので。。
自然素材でつくった
おうちは、メンテナンスが必要だったり、冒頭に書いたようなこともおこりうる。。
でも、私は、木のおうちにはいったときのここちよさが大好きで、
いいところも、わるいところもあるけれど、私自身やっぱり
ここちよいなぁとかんじるので、信じておすすめしています。
いいところ、わるいところどちらも知って、その上で選んでいただけたら
うれしいなぁと思い、お施主さんにお聞きしたお話を書いてみました。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です