● 神田の家

神田に古い日本家屋を移築した家があり見に行ってきました。
もともとも、神田にあったものが再々移築されて、
戻ってきたそうで、材木商さんの家ということで、
いろいろな木がつかわれていた。
でも、決して、銘木だぞ!!というかんじでなく、
よくみると。。(というより説明をお聞きすると)、巾広の屋久杉だったり、
黒杉や蒲の足代だったり、お茶室の給仕口みたいな塗りまわしのような
入り口に竹をまいてあったりするような、
玄人好みな。。木が好きな大工さんや設計士さんなら
喜んじゃうようなものがたくさんありました。。
ひょうたん型の戸袋の引き手口とか、
黒と白の竹の簾戸のデザインとか、
今の設計でも、取り入れられそうなものもありました。
外部は黒漆喰、内部は土壁、移築は、中村外二工務店さんだそうです。
8のつく日に限定5名まで、公開されています。
写真は禁止なので、HPをご覧ください。
http://kandanoie.com/

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です