● ありがとうございました

ダイニング

2008.03.16
設計の始まりから約2年あまり。
完成見学会、引渡しが行われました。
とても思い入れのある住まいでしたので、
朝からドキドキして、
かなり早く現場についてしまいました。
鍵をあけて、
しばらく、ただただ、ぼ-っと。
朝は曇っていましたが、
曇りの日の光も、やわらかくて、きれいなんだなぁと
みていました。
そして、準備をして。
見学会は予想以上にたくさんの人がいらして、
あっという間でしたけれど、
一日中、現場にいて、対応してくださった施主さん、(ありがとうございます。)
数奇屋建設さん(ご家族でいらしてくださいました。また監督のNさんもお休みにもかかわらず、朝一にいらしてくださりました。。ありがとうございます。)
の協力のもと、
無事終わることができました。
みな笑顔でしたねとうれしい言葉もいただきました。
来てくださった方々、
支えてくださった方々、
また遠くから応援しくてくださった方々
ほんとうに、ほんとうにありがとうございます。
来てくださった方が口々におしゃっていただいたことは、
いい香りがする。(慣れてしまって、私は気づかないでいたのですが。)
木の匂いでしょうか。。何の匂いがするからというわけでもなく、そうおしゃってくださる
方が本当に多かったのです。
空気がきれい。
アレルギ-の方などは、このお家にはいったらすっ-としたとか、
花粉症の方が(窓が開いているのにもかかわらず)この中では大丈夫ですと
マスクをはずされていたり。
気持ちいいですねと声をかけてくださりました。
また光が気持ちいいとおしゃってくださる方もたくさんいて、
教会みたい。。と階段のところに入る光をおっしゃってくださる方や、
居間の入る光がここちいいとか。
明るくていいねとか。
来てくださった画家さんには
壁がこうやさしく凹凸がある塗り壁だとと影がきれいにでて、
パリにいた頃を思い出しますと。
上からの光を一日中みているだけで、
腕があがりますよ。。とうれしい言葉をかけてくださいました。
施主さんが選ばれた、裸電球や、ダイニングの奥の
ペンダントも人気が高かったです。
照明の光と影が壁に映るようすも、
きれいだねとたくさんおっしゃていただきました。
女性の方には、
住まい方、生活の仕方が目に浮かんできます。
収納が多くて、生活しやすそうですねとか。
とうれしい言葉をいただくことも多かったです。
男性の方では
ここはどこの工務店だ!
ただの工務店じゃない(おもしろかったのでそのまま引用させていただきました。。
実際、本当にいい仕事をしてくださりました。施主さんからも、次回のお施主さんも、
また数奇屋さんがいいですよ。間違いないですと。うれしい言葉もいただいております。)
とか。
建築関係の方も、ものすごくいい仕事をされている。
大工さんだけでなく、他もすべて、丁寧ないい仕事だねとか、
こんな栗の梁を、よくみつけてきたねとか、
ナラのテ-ブルのことをほめてくださるかたが多かったです。
とうれしい言葉をいただきました。
また全体的に、あったかいやさしい空間だねと
言ってくれる方が多かったです。
気づいたら、
空気のことだったり、香のことだったり、
光のことだったり、
生活の姿であったり、
建築っていうモノでありながら、
五感でかんじることを
気持ちいいっておしゃてくださる方が
本当に多くて、
びっくりしつつ、
本当にうれしかったです。
本当に本当にありがとうございました。
引渡しが終わっても、
外構だったり、しばらく工事もつづくのですが、
区切りの卒業みたいな時間を越して、
施主さん家族と共に、
もっともっといい色に変わっていっていただけたらと
思っています。
ありがとうございました。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です