ちっちゃいおうちの瓦をつくってくださった五十嵐さんが
瓦造形展のお知らせとともに、家を訪れてくださりました。
ちょうど留守のときで残念・・・この日は、分かっていれば、すぐに家に帰れたので、
本当に残念!でした。
五十嵐さんの瓦は1枚1枚手で整形されていて、
だるま釜という炎で焚き、工場ではつくれない
美しさと調湿性を備えた瓦です。
この瓦を私は大好きです。
そして、とてもお忙しい方なのに、顔をみせてださったりと、
人の縁を大切にしてくださっている五十嵐さんの大ファンです。
今年冬には、鎌倉建長寺の敷き瓦として納入されるそうなので、
実際に見てみたい方は、旅がてらお出かけください。。
(ご興味のある方は、
私のブログの素とつくりてたちの瓦。。
workのちっちゃいおうちをさかのぼってみてください。4月頃施工しました・・をご覧ください!)
そして本題、
小川町にある
埼玉伝統工芸館にて
瓦造形展が行われます。
 6/8~7/4http://saitamacraft.com/
小川町も、とてもいいところですので、ぜひ、お出かけください。
小川に行くときは、こちらもおすすめです。
壁に貼る和紙などを漉いていただいています。
素材に対するこだわりなど、熱い思いをかんじます。
お電話してお伺いしてみてください。
紙すきの村
久保昌太郎和紙工房
http://homepage2.nifty.com/ogawa_washi/

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です