前回のキッチンのお話が面白かったので、続きを聞きに行きました。
今回はキッチンのディティールというテーマでした。
ディティールという言葉について、
カンケイという言葉をつかって説明してくださりました。
建築とのカンケイ、
素材とのカンケイ、
人の動きとのカンケイなど。
表現としては、例えば床との見切り、20くらいがきれいであっても、
キッチンは作業するスペースであるので、甲があたらない高さで、
例えば床幅の幅にあわせたり、
大きいワークトップの継ぎ目も、
作業する。。例えばパンを捏ねる真ん中にはつくらず、
でもきれいで、丈夫なところを考えているなど、
実務をされている方にしかわからない視点が面白かったです。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です