先日、参加させていただいた現場で、
棟梁のKさんがおしゃっていたことば。
解体って言葉をつかわないようにしている。
取り外しとか、違う言葉で現しているそうです。
それは、たとえ、これから壊されるであろう建物でも、
その建物には、住まいつづけられた方の思い出や
思いがこめられているから。
そうおっしゃるその人の取りはずしの工事は、
新築の現場のように、きれいに掃除がされている。
その現場の若い人もまた、
棟梁と同じように、おしゃっていました。
住まい手さんにとっては大事にしてきた住まい。
取り外しの最中であっても、大切に扱いたいのだと。
こういう職人さんたちの言葉を
きくと、心がすっとしますね。
そしてまた、その言葉を聞くまえに、
わたしも、自然と、丁寧に最後の掃除をしたいと思ってしまった。
建物自身にも、そういうチカラがありました。
そういうものをつくっていきたいね。
ともおしゃっていました。
取り外されたものは、保存され、展示会が行われる予定だそうです。
そのときは、また紹介させていただきたいなぁと思います。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です