木の椅子のお話をお聞きしました。
いい椅子の条件として、
・丈夫(2,3世代もの)
・座り心地がよい
・軽い(椅子は移動するものである)
・修理ができる
・金額的に納得できる(日用品である)
・美しい 経年変化による美しさ。永続的な美しさ
というのをあげられていました。
椅子は毎日つかうもの、毎日、何時間もつかうものであるのだから、
それぞれにあうもの、愛着のもてるものを大切につかうことが自分の道のりをも大切にすることだとおしゃっられていました。
他の生活に使うものもそうですね。
住まいだったら、軽いという条件の変わりに、敷地に根付くものとして、
お庭や、自然や近隣との関係があげられそうですね。
そして他の項目は住まいにもまた当てはまるように思いました。
・・workの楓通りの家の工事の様子をupしております。

Post a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です